政府指針として対策を求められています

法務局より「企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針について」の声明が出ております。また、暴力団排除条例が全国で出ております。これは反社会的勢力を社会から排除していくことが、企業にとっても社会的責任の観点から極めて重要な課題とされています。

上場審査

第三者割当増資や上場を目指す企業の反社チェックを行います

  • 証券取引所提出確認書に伴う第三者割当増資時の反社会的勢力でない証明書を発行
  • 会員制サービスでの継続した情報提供及び活動支援
  • 反社会的勢力による被害の防止体制の構築の支援
  • 情報セキュリティをきちんと行った上で、機密保全を行いながらの調査
  • 御社のニーズにあわせて、個別の実態把握を含めた精度の高いレポーティング

上場における反社会的勢力の排除の重要性

反社会的勢力の排除については、企業のビジネス方針や株主によって異なりますが、反社会的勢力との関係の有無は主幹事証券会社の段階から審査の対処になっております。取締役の責任は重大で、善管注意義務等を問われるため、会社組織全体としてしっかりと反社会的勢力の排除に努める体制が必要となってきます。

反社会的勢力による被害を防止するために

反社会的勢力による被害を防止するための基本原則としては、まずは組織としての対応が上げられます。また、外部専門機関との連携が重要になってきます。弊社では、取引を含めた一切の関係遮断方法、有事における民事と刑事の法的対応などを丁寧にお伝えしております。